主にくだらないことをダラダラ綴る日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

――『キングダム ハーツ 3D』というのは正式名称なのでしょうか。



野村:正式というわけではありませんが、無関係というわけでもありません。“3D”はいわゆる“3 Dimension”という意味ではなく、サブタイトルの略称ですが、いまはまだそれ以上は言えません。



――デモを拝見しましたが、登場キャラクターは『キングダム ハーツ』当時のソラやリクではあるものの、1作目ではあり得ないシチュエーションが多々ありました。



野村:リメイク作品ではなく、完全新作ですので。今回はソラとリクのふたりが主人公で、新ワールドも選定中です。『3D』は、3本同時に制作を発表した『358/2 Days』、『バース バイ スリープ』、『コーデッド』のつぎの、新たな段階に入る作品になります。



――どんな物語になるのでしょうか? シリーズの時間軸的にはどのあたりに?



野村:それはまだ言えません。ただ、ここまである程度、皆さんの予想通りに展開していたものが崩れるような、予測のできない展開になります。『Re:コーデッド』に多少ヒントがあるので、気になる方は遊んでいただければと思います。



――ハードがニンテンドー3DSということで、どんなシステムになるのかも興味深いですね。



野村:3Dにかけたわけではないのですが、現在、3つの新システムを考えています。制作は『バース バイ スリープ』の大阪チームで、先日大阪に持って行った企画書を見た安江(泰氏。『バース バイ スリープ』Co.ディレクター)は嬉々としていました(笑)。



――安江さんは『Re:コーデッド』のバトルの企画も担当されていますよね?



野村:そうですね。現在、海外版の『バース バイ スリープ』もあり、大阪スタッフ一同、非常に忙しいですが、今回のデモもごく短期間で仕上げてくれたので、がんばってくれると思います。



――気になる発売日は!?



野村:気が早いですね(笑)。なるべく早く出します。いまはこれ以上言えません(笑)。



――では、最後にユーザーの方々へメッセージをお願いします。



野村:以前からお話ししていた「2本ある」という構想の2本が今回のE3で出揃ったかに見えると思いますが、これ(『キングダム ハーツ 3D』)で、もう1本増えた感じです(編集部注:残る1本は、まだ謎のまま)。今回、E3に来た目的は、発表のためだけではなく、ある打ち合わせのためでもあります。また来年のE3にも来る予定ですので、まだまだ隠し玉はありますが、まずは、近々発売日をお伝えする予定の『Re:コーデッド』をよろしくお願いします。

s113_iSfj4KM1yH6xrLTN77Q18an8y7tcmi3H.jpg



まぁ、こんな感じでファミ通.comに載っていた。
「残る一本は謎のまま」というのがミソである。
つまり、昨日書いた、「KH3D」=「謎のKH」=「内容補完のKH」=「複数人が主人公のKH」
この構図が消えるということを意味する。
まぁ、ソラとリクが主人公という点はあっていたが・・・。

また「『Re:コーデッド』に多少ヒントがある」という
ところも案外重要である。これはすなわち、
「前作にはヒントはありませんよ」と言っているようなものである。
詳しくわかったらまた書くのでそれまで待っていてください。
スポンサーサイト

【2010/06/18 20:13】 | キングダムハーツ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。