主にくだらないことをダラダラ綴る日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦いに敗れ さまよいし肉体…その肉体をささげ闇の意思はよみがえらん』
この声にデータソラは聞きおぼえがあり、どこかで感じたことがあるようだ。
とCODEDのWIKIに書いてあったが、この肉体とはMゼアがテラを
のっとるために心と肉体を分離させたことを言うのだろうか・・・?
実際Mゼアはテラ(留まりし思念)の戦いに敗れ、いまだにその
肉体は行方不明である。KH3への伏線っぽい・・・。

CODEDのEDでテラ、ヴェントゥス、アクアが映し出されれた後
ナミネがこう言う。
「あなたなら、彼らの痛みを理解できるかもしれない。
 彼らは鍵・・・。キーブレードの真実につながる存在・・・。
 そして、その存在は今もソラの中でつながっている」
キーブレードの真実につながる存在??
キーブレードの真実とはいったい何なのだろうか?
武器として扱う、どんな扉も自由に開閉できる、それ以外に
何かあるのだろうか?心の扉をも開閉できることをさしているのだろうか?
とても気になる。

闇の世界とは何なのだろうか?
未だにあまり触れられていない世界である。
小生は、「心の闇から生まれた世界」と考えている。
そう考えると、テラ=ゼアノートVSアクアでテラノートが
闇の深淵(仮)を出してアクアに敗れ、キーブレードで
自分の胸を突き刺したとき闇の深淵が闇の世界に繋がったことにも
納得ができるからだ。
あと、王様は闇の世界でキーブレードを得たというが、
誰から継承されたのだろう?光の世界とは入手方法が
異なりそうなので、継承はないのだろうか?

キーブレード戦争はもっとも謎の部分、まさにKHの話の要であると思う。
キーブレード戦争が起こる前は、世界に光が溢れていたが、
みんなが光を欲し戦いが起こり心の中に闇が生まれたという。
その闇が世界を飲み込み、世界は消えかけたが子供たちの
光の心によって世界が再編されたという。
この子供たちは後に「セブンプリンセス」と呼ばれる少女の
ことだろうか?
また光とはキングダムハーツのことで、χブレード使いがいたせいで
キングダムハーツが現れ、そのキングダムハーツを皆がほしがったと
ゼアノートレポートに書いてある。
光と闇の心が均等にならないと生まれないχブレード・・・。
そのχブレードを使っていた者が文字通り「鍵」なのかもしれない。

スポンサーサイト

【2010/06/17 21:29】 | キングダムハーツ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。