主にくだらないことをダラダラ綴る日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はい、総集編です。
今回は正体について追求していきたいと思います。
【これはあくまで予想であり、真実ではありません】

私は、黒コートに肉体があると仮定して、
その肉体とはエラクゥスだと思います。理由は、動作ですね。
大技を使うとき止まったり、連続切りや連続突進などの、
技が似通っていたりなどなど。

そして、エラクゥスはテラの心にいるようですので、
殺される瞬間に心を解き放ちました。
その肉体がこの黒コートの正体ではないのかなぁ~と。
(この辺は実にあいまいです)

また、エラクゥスの肉体があるとして、
何故他の人の技(ヴァニタスのXディスチャージなど)や、
エアリアルブレードが使えるのか。

それは、あの存在が【歪み】から生まれたものだからです。
心を解き放つなど、常人にはできません。
そこに【歪み】が発生し、あの存在が誕生したのだと思われます。
そこで色々な影響を受け、多数の技が使えるのかと。
(突拍子もないことを…、そしてこの辺もあいまい)

エアリアルブレードといえば、ゼムナスですが、
そのゼムナスはテラとマスターゼアノートの心でできた
賢者アンセムの弟子、ゼアノートのノーバディです。

そしてノーバディとは肉体と魂。
その存在でも、ロクサスは心の力の証であるキーブレードを
使うことができます。では何故ゼムナスはキーブレードを使わないのか。

【使わなかった】のではなく、【使えなかった】のではないしょうか。
この謎の黒コートの影響を受けて。
ゼムナス、つまりテラに近い存在に強い影響を与えるとしたら、
エラクゥスになると思います。

またロクサスに名前を尋ねられたときに「そんなものに意味はない」と
答えています。これは、自分が様々なものから影響を受けているから
なのではないでしょうか?その一人がエラクゥスでしょう。
あと、この黒コートを倒したら手に入る「No Name」という名の
キーブレード。「名無し」ですよね。

この黒コートは歪みであり、色々なものが混ざっていると書きました。
「名前が無い」「(名前に)意味は無い」この2つは似ています。
以上からして、ゼムナスは師の影響を受けたのだと思われます。

そのキーブレードのデザインは、明らかに時計をモチーフにしており、
(Mゼアの鍵とレインフォールに似ている部分もありますが)
黒コートは時間を戻すこともできます。

【歪み】であるのならば、現在の時間軸など関係ないので
未来や過去などの縦軸にも移動できておかしくはないかと。
そして、KHIII(か謎のKH)はこの存在が敵なのではないでしょうか。


あぁ~割と強引な説だなぁ…。


スポンサーサイト

【2010/09/12 18:37】 | キングダムハーツ
トラックバック(0) |

No title
a+om
お初失礼します(=゚ω゚)ノ

「使えなかった」のならなぜゼムナス(ゼアノート?)は地下の扉を開けられたのでしょうね?
裏アンセムレポートに記述の、、、

No title
冬馬
はじめまして、コメントありがとうございます^^

それについては、普通に扉を開いたと
アンセムレポートに書いてありますよ!
ちなみに、鍵穴が見えるようになる条件は、
キーブレードの所有権があるか、闇の存在かです。

ゼアノートの時点では、キーブレードの所有権は
あったのでしょうね。

No title
a+om
あっそうなんですか(・ω・` )
とんだ勘違いを、、、

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
お初失礼します(=゚ω゚)ノ

「使えなかった」のならなぜゼムナス(ゼアノート?)は地下の扉を開けられたのでしょうね?
裏アンセムレポートに記述の、、、
2010/09/17(Fri) 21:24 | URL  | a+om #-[ 編集]
No title
はじめまして、コメントありがとうございます^^

それについては、普通に扉を開いたと
アンセムレポートに書いてありますよ!
ちなみに、鍵穴が見えるようになる条件は、
キーブレードの所有権があるか、闇の存在かです。

ゼアノートの時点では、キーブレードの所有権は
あったのでしょうね。
2010/09/17(Fri) 21:34 | URL  | 冬馬 #-[ 編集]
No title
あっそうなんですか(・ω・` )
とんだ勘違いを、、、
2010/09/17(Fri) 22:32 | URL  | a+om #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。