主にくだらないことをダラダラ綴る日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は、9人9時間9の扉について二つに分けて書こうと思う。
後半はかなり長いし、ゲーム中のアレなシーンをピックアップ
しているので読まないほうがよい。

さて、今回は一番怖かったバッドエンドのことを書こうと
思う。怖かったのは、この四葉という少女だった。
バッドエンドの時の顔はこれである。
yotuba

正直、カメラが悪いのでうすぼんやりしているが、十分怖いことは伝わるだろう。
そして、主人公がこの差し伸べられた手をとると、その瞬間「グサッ」っと
斧で裂かれたである。その後の画像がこれだ。
yo

右手で斧を持っていることがわかるだろうか?
この斧で主人公やその仲間を・・・。
しかし、これは四葉と呼ばれる少女の負の一面である。
ルートによっては、このように主人公に抱きつくこともある。
(もちろん、抱きつくのバッドエンドじゃない場合であるが)
aa

とりあえず、この通称「四葉END」という終わりかたは、
トラウマとなる
スポンサーサイト

【2010/04/07 16:25】 | ゲーム
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。