主にくだらないことをダラダラ綴る日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやーかねてから噂?されてた家庭版出るみたいですね^^
自分アケ版のモチベ下がりすぎて全然やってなかったんですけど、
これは高まりますねー^^^^


12月1日発売予定、価格8380円です。
アケコンでないかなー…でないだろうなー…。

インタビューまとめ

・家庭版のみのゲームモードもある。
・BGMエディットという機能を使い、PS3に取り込んである音楽データを
対戦中に流すことができる。
・家庭版は今秋時点での最新バージョンで開発する。
・ネットワークを介して通信プレイができる
・階級制度もあり、友達と部屋のようなものを作って複数人で対戦できる。
・その部屋では「一定の階級以上限定」などの特別ルールも作れる。
・開発状況は70%。


その他↓
ガンダムAにてフルクロスとラファエルを確認したけど。。。
うーん…フルクロスがどうみても勝ちそうな様な…。

ただフルクロス見た限りだと重そうですね。
マント(フルクロス)の耐久も120っぽいし…。
いやーでもトビアが出てくれてよかった、ウン!

ラファエルはセラヴィーとやっぱり分離するみたいですね。
それ以外は詳しく載ってない…w
勢力戦は9月末からですーがんばりましょうー(←間違いなくフルクロス派

スポンサーサイト

【2011/08/24 13:00】 | ゲーム
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
いやー零式の体験版は10時間近くやりましたよ~w
毎度のことながら、あとでスキャン画像だしますねー

【零式】

・新キャラクター
トレイ(弓)(CV中村悠一)…冷静で的確な助言ができる常識人
だが話が長くなるクセも…。

ケイト(銃)(CV茅原実里)…直情的で自信家な候補生。
どんな状況下でもめげない強さを持つ!


召喚獣の王バハムート
・巨体で空を支配し、落雷を起こす。最大の攻撃力を誇る召喚獣だ!
(ボタンは、○…メガフレア、△…突進、□…衝撃波)





【XIII-2】
セラ・ファロン…優しくまじめな少女。子供たちに勉強を教えていたが、
姉の生存を信じて旅立つ!

モーグリ…セラの武器に変身できる不思議な生き物。
その素性には秘密が…?!

Δセラ「モーグリの、ぬいぐるみ?」


・武器が戦況によって変形。接近戦では剣を使って戦うぞ!

・前作の仲間スノウとの婚約の証。持主はいったいどこへ…?

Δセラ「新しいチェーンに、付け替えてくれたしね」

【2011/08/20 13:43】 | ゲーム
トラックバック(0) |


暫吉
おおっ!(≧∇≦)

FF零式どうでしたか?(^o^)
主題歌が自分の好きなBUMPが歌ってるんできになってたんですよ^^


XIII-2も期待大ですね


冬馬さん
毎回結構更新チェックしてるんで頑張ってください★

コメントを閉じる▲
後でスキャン画像だします(多分…)

【FFXIIIのエンディングから始まる新たな旅!!】
 
発売日/2011年12月発売予定
価格/未定
メーカー/スクウェアエニックス
機種/PS3・XBOX360


『FFXIII-2の主人公の一人』
ノエル・クライス(Noel Kreiss)

ライトニングの妹セラの前に現れた、
独特の双剣を操る男!!明るく素直な青年だが、
その素性には秘密があるようだ。


【グラン=パルスへ降りたコクーンの人々!!】

『ファルシの消えた世界!!』
XIIIの後、グラン=パルスに移住した人々。
近作は海辺の開拓地から物語が始まる!!

『セラの前に現れた見知らぬ青年』
モンスターの襲撃にあう開拓地。
青年はセラに武器を差し出す!!

Δノエル「話は後、戦えるだろ?」

『ロールの組み合わせによるパーティー戦術は健在!!』
戦略性の高いバトルは、近作も健在!!
戦術を変えるオプティマは「パラダイムシフト」に名称が変化!

注目ポイント:パーティメンバーのHPゲージには、
ノエルとセラの名前が!!セラも戦うのか?!


【2011/06/11 10:00】 | ゲーム
トラックバック(0) |
--ユウナのバトルコンセプトについて教えてください--

鯨岡:コンセプトは¨サモンマスター¨で、その名の通り、
召喚獣を使役して戦います。
召喚獣が常に入り乱れて戦うため、その迫力は登場キャラ
随一で、これがユウナの最大の特徴にもなります。
また、EXモード時は¨W召喚¨の効果で迫力がさらに増します!

--召喚は常駐ではなく、技を出すのみと気出現して、
技が終わると消えるのでしょうか?--

鯨岡:そうですね。なお、全身を出すとすごい大きさに
なってしまうので、体の一部を呼び出すようにしています。
と言っても、顔と特徴的な部位をなるべく大きく切り取っているので、
寂しさや違和感は感じないと思います。

--操作は難しくないのでしょうか?--

鯨岡:見た目とは裏腹に、操作はいたってシンプルで、
扱いやすくしています。簡単操作でド派手に戦えるので、
アクション初心者の方にもオススメです。
実は、新規キャラの中で最もスタンダードで、攻撃の性能についても
癖が少なく、使いやすいものがそろっています。
ただ、攻撃判定がすべて召喚獣から発生するという点が
ほかのキャラと大きく異なります。
ほとんどの攻撃で、召喚獣はユウナの前に出現してから
踏み込むため、ユウナと敵の距離は、射程の割に
離れやすくなります。距離感をつかみ、反撃を受けにくい位置から
攻撃を仕掛けることが、ユウナを使いこなすうえで
とても重要になります。

--得意とする射程はどれくらいですか?--

鯨岡:近距離から遠距離までバランス良く技を覚えていきますが、
近~中距離戦が得意です。ちなみに、イフリートは近距離、
ヴァルファーレは遠距離というように、召喚獣と攻撃の射程を
紐づけています。

--EXコンボ中は召喚獣を2体呼べるようですが?--

鯨岡:コンボ中は、2体の召喚獣が地頭で追加攻撃をしてくれるので、
操作方法は通常時と変わりません。
おもなメリットは、追加攻撃によるダメージの上乗せですが、
攻撃範囲を広げたり、攻撃の隙をカバーするなどの要素を
もつ場合もあります。

--ユーザーに向けてコメントをお願いします--

鯨岡:サプライズとして発表された先行配信版、みなさん
お楽しみいただけていますでしょうか?
ライトニングやカインを含む全7キャラクターがほぼ完成版で
遊べるという大盤振る舞いです。
新キャラ、新マップ、アシストなどの新システム、既存キャラの
変更点など、言葉だけでは伝わらない部分もありますので、
ぜひとも一足先に体験してみてください。
オリジナルシナリオや、やりこみミッションなど、ボリュームも
ばっちりです!


ライトニングサートフォーム

64806796_v1295431518.jpg

ユウナサードフォーム&ティファDLコス

64806461_v1295431518.jpg

ティーダ&ジェクトサードフォーム

64805858_v1295431518.jpg

【2011/01/19 19:42】 | ゲーム
トラックバック(0) |
The 3rd Birthdayインタビュー

--完成した本作をプレイしましたが、緩急が絶妙ですね。
バトルが常に盛り上がるので、テンションも上がります--

田畑:ありがとうございます。企画の段階から
作業になるようなザコ線のない¨考えて戦う¨という面白さを
味わえるゲームにしようとしていました。

--難易度はノーマルでもすごく歯ごたえがあって、
何度死んだかわかりません(笑)でも、それを乗り越える過程が面白い--

田畑:最近はそういうタイプにゲームが少ないのかも知れませんね。
「T3B」はPSPのガンアクションとして、がっつり遊べる物にしたかった。
ですので、ゲームが上手だと自信のある方以外は、ノーマルで
始めると難しいと思います。
ノーマルから遊ぶのは、攻略のし甲斐があって楽しいですけどね。
ちょっと自信のない方は、イージーから遊んでもらえればと思います。

--東京ゲームショウで試遊したものは、もっと簡単だった
ような気がしました--

田畑:あれは今のイージーよりも簡単な難度で、オーバーダイブを
使わなくても進めるものでした。しかし、それだと肝の
システムを使わずに進んでしまい、面白くなかった。
ある程度は考えて攻略してもらえるように、イージーも再調整しました。

--難易度はいくつあるのでしょうか?--

田畑:初回はイージー、ノーマル、ハードで、一度クリアすると
さらに難しいデッドリーが加わり、さらにそれより一つ上の難易度もあります。
ハード以上はとても難しいですね。初回のプレイでハードをクリア
できるのは、開発スタッフにも多くはいません。

--難易度が上がると、どのような変化があるのでしょうか?--

田畑:ツイステッドの攻撃頻度や攻撃力があがります。
そのため、ハード以上になると別物のような印象になります。
それから、味方の兵士が来る頻度が減りますね。

北瀬:援軍が来なくてオーバータイブできず、孤独に死にます(笑)

--ボス戦などの単独突破がほぼ無理ですから厳しいですね。
ちなみに初回プレイ時間はどのくらいを想定されていますか?--

田畑:12~15時間が平均ですね。なお、本作はデータを
引き継いで何度も遊ぶ周回プレイが基本なので、ハード以降の
難易度は引き継ぎありの状態を基本としてバランスをとっています。

--周回プレイを重ねると、どんなメリットがありますか?--

田畑:アヤが強くなっていくのはもちろんですが、例えば
¨チートコード¨というものがあって、条件を満たすと徐々に
解放されていきます。チートコードには二つのカテゴリーがあって、
オンにするとアヤの戦いを助けるものと、逆に難易度を上げる
ものがあるんです。アタを助けるものには、弾数が無限になったり、
体力の自然治癒が速くなったり、というものがあります。
通常はアヤとツイステッドには大きな差がありますが、
これらを使えばそれが逆転しますね。周回を重ねれば、
オーバーエナジーのレベルもあがっているので、何周もしていると
初回とはまったく異なるプレイ感覚になります。

--難度をあげるものというのは?--

田畑:縛りプレイ用です、むしろ、支援系のチートコードより
こりらのほうが圧倒的に多いんです。

--ドM仕様ですね(笑)ゲーム中もリバレーション発動時くらいしか
自分が圧倒的に有利な状況がないですし--

田畑:解放される瞬間ですね。リバレーションはアヤの切り札
なので、気持ちよさを追求して作ってあります。

--『パラサイト・イヴ』にも¨リバレート¨という
パラサイトエナジー(特殊技)がありましたが、関係があるのでしょうか?--

田畑:開発チームに、当時リバレートを作ったスタッフがいたのが
きっかけです。しかし、今回はリバレートのように変身したりは
しないので、名前を少し変えて本作用のシステムにしています。
他にもパラサイトエナジーはOEとして一部名前が残っていますね。

--アヤの成長要素であるDNAボードは、どういった
発想で生まれたものなのでしょうか?--

田畑:前作までのアヤの設定にかかわるDNAというものを使った
要素を取り入れたくて考えたものです。
DNAならではの要素として、突然変異や悪性変異といった要素を加えました。
本来はそう簡単なものではないのですが、知識がなくても
わかるように単純化して、手軽に遊べる形にしています。

--OEの組み合わせなどを重視しなくてもクリアできるのでしょうか?--

田畑:イージーはできますが、ノーマル、ハードなどはディフェンス系の
OEを強くしないときつくなっていくと思います。
スタッフの中には、自爆で大ダメージを与えるレアなOEを
作って進んでいる人もいますね。

--今回はセクシーなコスチュームも色々ありますが、選択の基準は?--

田畑:コスチュームは、たくさんのデザインの中から上がっていたんです。
その中から、開発スタッフでアンケートを取って人気が高かった物と、
服が破れていく使用にあったものを採用して作っていきました。

北瀬:僕もアンケートで聞かれた記憶がありますね。
サンタって答えたかな。流石に部下の前で「メイド」とは言いづらい(笑)

上国料:衣裳のデザインは別の者がしたので僕は
描いていないのですが、ベースとなる通常衣裳の下着だけは質感や
色を細かくこだわって指示しました。試行錯誤の上、
色は黒がいいかなとか(笑)

--こだわりの下着なんですね(笑)
ちなみに、衣裳の数はどれくらいありますか?--

田畑:10種類ほどありますね。それぞれボイスが違うので、
ぜひ試してください。

--そして、今回写真が公開されたシャワーシーンは
ゲーム中で見られるんですよね?!--

田畑:はい(笑)途中までは本当に入っていなくて、ツイッターで
皆さんの反応を伺ってから追加したんです。
CGのキャラクターに興味がない人でも「これはすごい!」と
思えるものなら入れおうと考えました。じつはこれでCEROの
対象年齢が上がってしまったんです。それで宣伝、営業スタッフに
謝ろうとしたら、皆に「これでOK!」と言われました(笑)

北瀬:僕はこの作品がとてもよくできているので、もっと幅広い
年齢層の方に遊んでもらいたいと思っていて、CEROが上がる
シャワーシーンの導入には慎重でした。ですが、
アヤの魅力というのも本作では重要な要素なので、最終的に納得しました。
もう、本当にきわどいシーンになっているんですよ(笑)

上国料:僕も見たときに「これはすごいな」と思いました。
ムービ-スタッフにムービ-制作をお願いすると
たいてい予算や納期といった厳しい話になるのですが、今回は向こうから
「入れるか入れないかはそっちで決めて。とりあえず作るから」と(笑)
それだけ気合いの入ったムービーです。

--『パラサイト・イヴII』のファンとしてはうれしいですね--

田畑:今回は、同じアヤが主人公のゲームとして、『パラサイト・イヴ』
シリーズファンに満足してもらえるものにしなくてはなりません。
同時に前作から10年以上経っているソフトですので、新しい
ユーザーさんも遊べるものにする必要がありました。
そこで、物語の時系列は踏襲しつつ、完全新規タイトルという
心構えで開発しました。ぜひ、色々な方に手に取って頂きたいです。


【次号は10PでT3Bを特集】



『アギトの状況』

田畑氏はPSP用ソフトアギトXIIIのディレクターでもある。
現在の進捗について伺ってみると、

「たまにT3Bのツイッターで状況をお伝えしているのですが、
開発は順調でファイアでガンシューティングをするような
激しいものになっていますよ」

とのこと。また、アギトXIIIはマルチプレイ対応。
気になるそのシステムについては

「アギトXIIIでは、一般的なマルチプレイのように、皆で一緒に
ゲームをするスタイルではありません。本作ならではの
マルチプレイシステムになっています」

とコメント。意欲的な仕掛けを導入しているようだが、その内容とは?
2011年1月に開催されるカンファレスから順次情報が公開されて
いくということなので、楽しみに待とう!!


アヤ:サンタコス

59801375_v1291783492.jpg



誤字脱字があったら失礼。

【2010/12/08 15:13】 | ゲーム
トラックバック(0) |

やっとアギトの情報がっ!
-
テスト大変でしたね
お疲れ様でしたー

こっちもテスト全開状態だから、その疲労感はよーくわかりますww
まあそれはさておいて・・・w

やっとアギトの情報が出てきましたね!
少ないんですけどw
いや、たぶん情報ってすらいえn(ry
また放置プレーwwwww
まあなにもないよりはマシけどw

でも、なぜ肝心なヴェルサスの情報が出ないかな・・・www
やっぱりカンファレンスまで待つしかありませんね
待ち遠しい・・・(´;ω;`)

ちなみに僕もKHサントラが欲しいです。お金ありませんがw




かみけい
名前を書き忘れましたw

コメしたのは僕ですw

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。